em
 

エミリー・キニープロフィール

 
AMCの人気テレビシリーズ『ウォーキング・デッド』でベス・グリーン役を務めていることで知られるエミリー・キニーは1985年8月15日生まれの30歳です
 
ネブラスカ州出身とプロフィールにはありますが、幼いころは何度も引越しを重ねたそうでネブラスカ州内を転々とし、ネバダ、オレゴンにも住んでいたことがあるそうです
 
名門総合大学のニューヨーク大学に学期生として通い、ネブラスカウェズリアン大学を演劇の学士号を得て卒業しています
 

女優の道へ

 
ニューヨークに居を移し、ブロードウェイで下積み生活を送ります
 
大学在学中にコーヒーショップで働きながら、音楽、芸能業界の人々と知り合い、20ほどの舞台に出演、21歳のときにはすでにミュージカル『春の目覚め』でプロデビューをしていたようです
 
歌手活動をしているのもこのあたりの基礎があるからでしょう
 
その後、NBCテレビのテレビシリーズ『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』にゲスト出演、そのころバラエティ番組などで何度もカメオ出演をしていたようです
 
 
こうした下積みを経験した後、2011年に『ウォーキング・デッド』のベス・グリーン役を射止めます
 
当時彼女は.25歳になっていましたが、16歳の役柄を演じることになります
 
この役でやっと女優として知名度を得て、キャリアを積むことができたようです
 
 
『ウォーキング・デッド』のオリジナルサウンドトラックでは姉のマギーを演じたローレン・コーハンと共に参加しています
 
これらの活躍により再び『Law & Order』のスピンオフ作品である『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』に出演
 
同時にこの頃に歌手として自分の経験を歌った「Expired Love」をリリースします
 
その1年後「Rockstar」を発表、この後も歌手として新曲を次々リリースしていきます
 
エミリーがリリースした曲はエミリー自身がyoutubeで公開しているので気になる方はチェックできます
 
 

『ウォーキング・デッド』降板後、いくつかのテレビ番組に出演、そのうちの1つ、『トーキング・デッド』というAMCが制作した『ウォーキング・デッド』出演者によるインタビュー番組第508話で『ウォーキング・デッド』に対する彼女の思いを色々と語っています
 
 
降板後は数々のテレビドラマに出ています
 
ABCで放送された1話完結型のTVドラマ『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』に出演、第16話の「70年代の女」で主演しています
 
またアメリカのThe CWという放送局で作られた『THE FLASH/フラッシュ』という『ARROW/アロー』のスピンオフ作品にも出演、シーズン1の第18話「アトム参戦」で重要な役を演じています
 
彼女が再び見たい方は、これらの作品をチェックすれば会うことができます
 
 
2016年になってからも日本未公開のテレビドラマにいくつか出演が決まっていますから順調に女優としてのキャリアを積んでいるようです
 
【参考】ウォーキングデッドの主要メンバーindex